知って欲しい、住宅ローンの基礎知識|無理なく返済できるローンの金額を判断しよう

堤エステート
知って欲しい、住宅ローンの基礎知識
借入可能額を知ろう
無理なく返済できる
ローンの金額を判断しよう
借入金額のポイントは
年収の25%以内
金利3タイプの
メリット・デメリット
返済方法は
元金・元利の2種類です
購入金額だけじゃない!
各種諸費用も必要です
フラット35について
TAKE BLOGの掲載記事
読んで欲しい、『住宅ローンの危険度』という記事
3つのプランを同時に比較!
住宅金融支援機構の返済プラン比較シミュレーション
返済負担率の計算に便利です
ローンシミュレーションをしてみる
 
無理なく返済できるローンの金額を判断しよう
不動産は、購入金額の他に多くのお金が必要です。 例えば…
・固定資産税
・マンションの場合、毎月の管理費・修繕積立金
・駐車場が必要な場合の駐車場代 などなど…
また将来的にはメンテナンスも必要になってきますので
修繕費も積み立てておきたいものです。
 
無理のない毎月返済額を計算してみよう
まずは現在の家計から無理のない毎月返済額を割り出してみましょう。
計算方法は下記のようになります。
現在の住居費
(家賃・管理費等)
+
住宅取得用の
積立金
+
住宅取得後の
維持費など
無理のない
毎月返済額
(例)12万円
+
4万円
+
3万5000円
19万5000円
マンションでは毎月の管理費・修繕積立金、戸建てでは修繕費積立金、
  それに固定資産税などの月割りも加算します

これらの金額を試算した上で、借入額を計算してみましょう。
住宅ローンの借入額の計算は、各不動産サイトで公開されていますが、不動産情報サイトのathomeが提供しているものが使いやすいと思いました。

 
athomeローンシミュレーションの確認ポイント
入力欄に数値を入力すると、自動的に下の表部分に試算結果が表示されます。
ボーナス返済の金額を入力、当社ではボーナス払いはお勧めいたしません
返済金利は各社金融機関のHP(全国銀行協会HPにリンクが掲載)で確認
ここの金額が毎月の返済額です。上記計算で出した数字と比べて下さい。
この総額が実際に支払う金額、3,000万円の場合は3,982万5,513円です!!
返済負担率はここを見てください。25%以下に抑えましょう。
色々なパターンで試算してみましょう
ローンシミュレーションをしてみる
 

借入可能額を知ろう

 
Copyright(c) 1998-2015 Tsutsumi-estate All Rights Reserved.