知って欲しい、住宅ローンの基礎知識|借入金額のポイントは年収の25%以内

堤エステート
知って欲しい、住宅ローンの基礎知識
借入可能額を知ろう
無理なく返済できる
ローンの金額を判断しよう
借入金額のポイントは
年収の25%以内
金利3タイプの
メリット・デメリット
返済方法は
元金・元利の2種類です
購入金額だけじゃない!
各種諸費用も必要です
フラット35について
TAKE BLOGの掲載記事
読んで欲しい、『住宅ローンの危険度』という記事
3つのプランを同時に比較!
住宅金融支援機構の返済プラン比較シミュレーション
返済負担率の計算に便利です
ローンシミュレーションをしてみる
 
借入金額のポイントは年収の25%以内
金融機関で借りられるローンの金額が、返済しやすい金額とは限りません。指標としてよく言われるのが、ローンの年間返済額は年収の25%以内。一般的に住居費が30%を超えると家計に余裕がなくなり、将来の生活設計にも影響します。

堤エステートでは、返済負担率は20%以下になるよう強くお勧めしています。さらに、住宅ローンの支払いにボーナス払いは決してお勧めしません。ボーナス払いは、昨今の経済事情を考えると不確かなものであり返済の負担を増やす大きな原因となっています。お客様でご希望される方もいらっしゃいますが、必ずお勧めしないことをお伝えします。

一番良いのはボーナス払いは設定はしなくても、ボーナス時にまとまった資金をプールしておき、定期的に繰り上げ返済を行うようにしておく…、当たり前なことですが、借りたものは無理をしない範囲で、着実になるべく早く返済することが一番ではないかと考えます。

 

無理なく返済できる金額を判断

 
Copyright(c) 1998-2015 Tsutsumi-estate All Rights Reserved.